輪島塗について|輪島塗の漆器をオーダーメイドで販売している前野塗工房は石川県にございます。漆は年を重ねるごとに強度を増していきます。

輪島塗について

  • トップページ
  • 輪島塗について
  • 作品紹介
  • 店舗案内
  • お問い合わせ

輪島塗 略史

  • 輪島塗 略史

ジャパンとよばれる漆器は日本を代表する工芸品として、高い評価をうけてきました。
なかでも縄文時代前期(約5000年前)から現代に至るまで、脈々とその伝統を受け継いできたところが能登半島であり、輪島塗です。
輪島塗の特色は他産物にみられない堅牢な下地にあります。
それは木地のうえに地の粉とよぶ珪藻土の焼成粉末を漆に混ぜて塗る本堅地の技法で、微細な孔をもつ珪藻殻の粒子に漆液がよくしみこみ、科学的にも安定な吸収増量材となることが確かめられています。
この技法は周辺の大屋庄内の中世遺跡出土漆椀にみられることと、文明八(1476)年の記録には分業化した塗師の存在が知られることから、室町時代には領主温井氏の保護を受けて産地が形成されていたと考えられるようになりました。
中世の輪島は「親ノ湊」とよばれ、日本を代表する「三津七湊」(港湾)の一つでした。港湾都市として周辺の木地師たちを吸収し、分業的生産・販売を行って発展したものが輪島塗といえるでしょう。
江戸時代中期から後期にかけて、堅牢な塗りを生かした華麗な沈金技法の採用と、椀講とよばれる頼母子講の普及によって全国的に知られるようになりました。
近代に入ると本格的な蒔絵技法が導入され、塗り・加飾ともに他産地を凌駕する勢いとなりました。
作家も故前大峰氏(人間国宝)をはじめとして多数排出し、日展・伝統工芸展等の中央展常連作家は100余名を数えます。
現在輪島塗は、全国漆器産地の中でただ一つ、重要無形文化財の指定を受け、漆工技術の継承・発展に努力を重ねております。

輪島塗の特徴

  • 輪島塗の特徴

輪島塗の特徴は、下地塗りで「布着せ」(壊れやすい部分に布を貼って補強する)をするところと、下地漆に「地の粉」といわれる珪藻土を混ぜた漆を使うところにあります。
堅牢な漆器である秘密は、表面からでは見えないところに発揮される、職人の丁寧な仕事が施され、ひとつの輪島塗の漆器をつくる手数は100以上とも。
そんな手間のかかる輪島塗は、それぞれの工程を専門の職人たちが分業することで、産地として漆器の生産をつづけてきました。

1.木地(きじ)

椀木地師がケヤキの木をろくろで引いて作ります。輪島塗の木地には椀や皿の他、板を組み合わせて作る
『指物(さしもの)』、柄杓やおひつのような曲線を描く『曲物(まげもの)』、複雑な形を見せる『朴木地(ほおきじ)』といった、用途に応じたさまざまな木地があります。

2.切彫(きれぼり)

木地には小さな節や割れ、継ぎ目といった、補修が必要な部分があります。
これを小刀で削るのが『切彫(きれぼり)』です。

3.刻苧(こくそ)

切彫を行った部分に木の粉や糊漆を混ぜた『刻苧漆(こくそうるし)』を詰め、平らにします。
これによって傷が補修され、より壊れにくく自然な色合いの木地となります。

4.下地塗

木地の全面に木漆を染みこませ、固めます。
やわらかさのあった生地がこの工程である程度の堅さを持つようになります。

5.木地磨き

目の大きなサンドペーパーで木地を磨くことで、漆を接着しやすく加工します。

6.布着せ

椀の縁や高台といった壊れやすい場所に糊漆(のりうるし)を付け、布を張って補強を行います。
布には丈夫な麻布や寒冷紗(かんれいしゃ)を使います。

7.着せ物削り

布着せした部分や布が重なった場所を削り、滑らかな形状にします。

8.惣身付け

惣身漆(そうみうるし)を布着せした部分と木地の境に付け、平らにします。
この惣身漆はケヤキを潰した粉を炭化させ、生漆と米糊を混ぜることで黒っぽい色合いを見せた漆になります。

9.一辺地付

一辺地漆(いっぺんじうるし)を一つの面に何度か分けて塗っていきます。

この漆は輪島にある小峰山で取れる珪藻土を蒸し焼きにし、砕いてふるいにかけた『一辺地粉(いっぺんじこ)』に生漆と米糊を加えたもので、輪島塗を丈夫にするための要の一つと言えます。

また、お椀の縁や丈夫にしたい箇所には桧皮のへらを使い、生漆をそのまま塗る地縁引きを行います

10.空研ぎ

粗い砥石で全体を磨きます。

11.二辺地付

磨いだ輪島塗の全面に、二辺地漆を塗っていきます。
一辺地付と工程は同じですが、漆に混ぜる地の粉(じのこ)を二辺地、三辺地と細かくすることで、頑丈かつ丈夫な器に仕上げます。

12.二辺地研ぎ

砥石や粗いサンドペーパーで磨き、三辺地付に備えます。

13.三辺地付

二辺地付と同じように全体に三辺地漆を塗っていきます。

14.三辺地研ぎ

砥石や粗いサンドペーパーで再度磨きます。

15.めすり

質感を細かくするため、水練り砥の粉(とのこ)と生漆を混ぜた『錆漆(さびうるし)』を薄く塗ります。

16.地研ぎ

器の全体を砥石で丁寧に水とぎし、質感をさらに細かくします。

17.中塗

透明な中塗漆(なかぬりうるし)を刷毛で塗ります。
塗った器は塗師風呂(ぬしぶろ)とよばれる漆器を乾かすためのスペースに移され、乾かします。この時、主風呂の湿度を高くすることで漆を乾きやすくします。

18.中塗研ぎ

乾燥した漆器を青砥石、または木炭を使って丁寧に水研ぎします。

19.小中塗

再び中塗漆を刷毛で全体に塗り、乾かします。
小中塗(こなかぬり)を経ることにより、より磨かれた美しい輪島塗に仕上がります。

20.小中塗磨き

ここでも丁寧に水研ぎしますが、中塗研ぎと違い木炭ではなく、さらに目の細かい駿河炭(するがずみ)を使うこともあります。
駿河炭はアブラギリと呼ばれる植物を炭にしたもので、従来の木炭と比べると柔らかいのが特徴です。

21.拭き上げ

漆器についた汚れや手の後を丁寧に拭き取ります。
この拭き上げが次につながる上塗(うわぬり)の仕上がりを左右します。

22.上塗

上塗漆を内側と外側の2回に分けて塗っていきます。
輪島塗のつややかな質感は、最上級の上塗漆をホコリやちり、塗り跡である刷毛目(はけめ)がつくことなく、丹念に塗り上げることにより出来あがります。

上塗りが終わった漆器は『回転風呂(かいてんぶろ)』とよばれる漆器を乾燥させる装置に入れ、時々回しながら乾燥させていきます

23.呂色

乾燥した漆器を平らに研ぎ上げ、光沢を出します。
仕上げは道具ではなく、人の指や手のひらで磨いて仕上げていきます。

24.加飾蒔絵

筆に漆を付けて絵を描き、金粉や銀粉をかけて定着させる『蒔付け(まきつけ)』を行います。
透明な漆が金属粉で浮き出る光景は非常に美しく、それだけでも絵になります。

漆と結合し、固まった金属粉を研いだり磨いたりして光沢を出すことで輪島塗が出来上がるのです。
作り方によっては漆を盛り上げることで立体的に仕上げる『高蒔絵(たかまきえ)』や、美しい貝殻を漆器にはめ込む『螺鈿(らでん)』を併用するなど、デザインも多彩です。

25.加飾沈金

蒔絵は漆を漆器表面に塗っていましたが、沈金(ちんきん)はノミで線や点を彫って描き、掘った場所に漆を塗って紙で拭き取ります。

そして、金や銀といった金属粉を付けた紙で拭き上げると、掘った場所に粉が入り込み、美しい模様が現れるのです。
輪島塗の沈金は江戸中期から始まったとされ、丈夫な下地と相まって蒔絵と共に発展していきました。

お取り扱い方法・保存

  • お取り扱い方法・保存

漆器のお手入れは、極めて簡単で特別の方法は要しません。
最初にご使用の際のにおいを取る方法としては、米のとぎ汁で漆器を洗えばやわらぎます。
あとは軟らかいスポンジで食器用洗剤で洗っても構いません。
保存は、直射日光(紫外線)があたらぬ様ご注意ください。
湿気のない場所は避けてください。
漆は、年を経るたびに少しずつ強度を増していきます。使いツヤを楽しんで下さい。

伝統の輪島塗漆器の販売。またオーダーメイド・修理も承ります。

お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせ下さい 090-2128-5639 0768-32-0391

Information

前野塗工房
〒928-0001
石川県輪島市河井町四部十六の一 輪島工房長屋内
職人の技と心をこめて作られた輪島塗り漆器。お買い求めはぜひ「前野塗工房」へ。
オーダーメイドの受注や大切な漆器の修理もおこなっております。
お問い合わせ090-2128-5639 0768-32-0391
mail form

ページの先頭へ